創造的な人間になりたいという欲求は、永遠に解明されない理由によって私のDNAの中に組み込まれていて、創造性は私が無理やり追い出したり毒殺したりしない限り、いつまでも一緒にいてくれるのだ、と。

創造性はすべての人の中にあるものです。

アーティストと呼ばれる人たちは、自分たちの中にある創造性を信じ、創造的な人間になりたいという欲求をそのまま受けて入れて生きているのではないかと思います。

エリザベス・ギルバートさんも、自分の中にある創造性や創造的な人間になりたいという欲求を信じて、小説を出版するまで時間がかかったり、作家になっても酷評されても、自分の中にある創造性を信じていたのでしょう。

「私は創造的な人ではありませんが、アート思考に興味があります」と、アート思考研究会のドアを叩いてくる人がたくさんいますが、創造的でない人などいないと私たちは信じています。

創造性は誰の中にもあるもので、それに気づき、それを育てる方法を身につけ、そして、自分は創造的であると信じて生きていくことが、アート思考的に生きていくことになによりも必要だと感じています。

関連記事

  1. 芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ…

  2. かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ

  3. 創造的な大人とは、生き残った子どものことだ

  4. 私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの

  5. 摩擦により火花が散り、火花が創造的な大火を引き起こす

  6. 可能領域を見極めるには、その境界を超えて不可能領域に踏み込んでいくしか…

  7. 体験済みの未来なんか、ひとつもない。ダメかどうかは、やってみなきゃ分か…

  8. かばんの中に何があるのかをお見せしましょう。

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート