創造的な人間になりたいという欲求は、永遠に解明されない理由によって私のDNAの中に組み込まれていて、創造性は私が無理やり追い出したり毒殺したりしない限り、いつまでも一緒にいてくれるのだ、と。

創造性はすべての人の中にあるものです。

アーティストと呼ばれる人たちは、自分たちの中にある創造性を信じ、創造的な人間になりたいという欲求をそのまま受けて入れて生きているのではないかと思います。

エリザベス・ギルバートさんも、自分の中にある創造性や創造的な人間になりたいという欲求を信じて、小説を出版するまで時間がかかったり、作家になっても酷評されても、自分の中にある創造性を信じていたのでしょう。

「私は創造的な人ではありませんが、アート思考に興味があります」と、アート思考研究会のドアを叩いてくる人がたくさんいますが、創造的でない人などいないと私たちは信じています。

創造性は誰の中にもあるもので、それに気づき、それを育てる方法を身につけ、そして、自分は創造的であると信じて生きていくことが、アート思考的に生きていくことになによりも必要だと感じています。

関連記事

  1. 創造は人というメディアによって絶え間なく続く。

  2. 知識の極みのさきには、神秘の世界がある。

  3. 旅路に果てがあるのはいい。しかし結局、大切なのは、旅そのものなのだ。

  4. 摩擦により火花が散り、火花が創造的な大火を引き起こす

  5. だから、オリジナリティーには起源に戻るという意味がある

  6. なんでオリジナルじゃないといけないんだい?他の人と同じでなんでいけない…

  7. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  8. あなたの中にあなたの知らない芸術家がいる

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート