芸術家は火を起こす前に閃光を創り出さなくてはならない

0から1を生み出すために、火のないところで火を起こす

そしてその起こした火によって、自分が焼き尽くされるまで、情熱の炎で作品を創り上げるため、その覚悟が必要だという言葉ですが、ロダンは、彫刻は発明ではなく、再発見だとも言っています。

私は、ビジネスにおいては、既存のものをかけあわせて(特にビジネスの場合は社内にある種)イノベーションを起こすことから、0から1を生み出すようなイノベーションはほとんどないと思っています。

しかし、社内ない事業を0から立ち上げる時には、情熱をもって、その情熱で自分がなくなっても(首になるという意味で使っていますが)立ち上げるんだという強い意志は必要だなぁと思っています。

なので、事業開発の極意を聞かれると、「だれかの小説のタイトルではありませんが、冷静と情熱」と答えているのです。

関連記事

  1. ちゅうちゅうとなげき悲しむ声聴けば鼠の地獄猫の極楽

  2. いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ

  3. なぜ物事は起こるのか、そしてどのように起こるのか?… 物語…

  4. 読者は、結局、あなたと一緒に世界を作っているのだ。

  5. 本当に何かを成し遂げるためには一生懸命働かないといけない。

  6. 良い広告というのは単に情報を広めるだけではない。それは願望と信念によっ…

  7. ひとりで散歩したり、ひとりでご飯を食べたり、ひとりでイラストを書いたり…

  8. みんなちがって、みんないい。

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート