コピーする人は、協業しない

今月は、ガウディの一連の言葉を毎週1行ずつにわけてご紹介しています。

バルセロナで仕事をしていた時に、あちこちの美術館や著名な建築物などを見て回っていたのですが、その時に、はじめて、ガウディの一連の言葉の中のこの1行を読んだ時に、「深いな」と思いました。

当時、本業のビジネスでは新規事業の立ち上げ等をやっていたのですが、ディスカッションした相手が1か月もしないうちに「弊社はこのようなサービスを立ち上げることにしました」とプレスリリースを出したのです。顧客分析もビジネスモデルも私がパワポで作っていたものをそのまま使われていたこともあり、先方にどういうことなのかメールをしたところ、電話がかかってきました。

「社内の受けがよかったんで、弊社でリリースすることにしました」

私のアイディアですよね? 
うちの会社と一緒にやる件はどうなるんですか? 
NDAありますよね?

あれこれ聞いてもなしのつぶて。

協業する気はなく、アイディアだけパクられたと怒っても後の祭りでした。

上司に相談したら、きちっと練っていたのはこちらで、その内容は全部は出していないから、そのうち行き詰るかもしれないし、自社だけで立ち上げることは難しいものだったのだから、パートナー企業にアプローチした時点で、パクられるのは覚悟でやる必要があったと思う。彼らが簡単に立ち上げられるならそれは参入障壁が低いということだから、うちの会社でやっても大きなビジネスにはできなかったかもしれないから、さっさっと気持ち切り替えて、次のプロジェクトへ行こうというようなことを言われて、「パクる人ってパクって逃げるんだな」と思ったのでした。

その一連のことを、ガウディの言葉を見ながら思い出し、「深い・・・」となったのでした。

関連記事

  1. だから、オリジナリティーには起源に戻るという意味がある

  2. 飢饉の予兆は自然が教えてくれるのだ

  3. なんでオリジナルじゃないといけないんだい?他の人と同じでなんでいけない…

  4. 旅路に果てがあるのはいい。しかし結局、大切なのは、旅そのものなのだ。

  5. 良い広告というのは単に情報を広めるだけではない。それは願望と信念によっ…

  6. 見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ

  7. この世にノートとおしゃべりするくらい楽しいことはありません

  8. 私はいつも自分のできないことをしている。そうすればそのやり方を学べるか…

2023年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート