ちゅうちゅうとなげき悲しむ声聴けば鼠の地獄猫の極楽

世の中には、何にでもプラスとマイナスがある。しかし、よく考えると
お互い支え合っており、支え合うところに創造が生まれる。

「ちゅうちゅうとなげき悲しむ声聴けば鼠の地獄猫の極楽」(尊徳)

二宮尊徳と創造経営』p.110

第4章では、「動物からコミュニケーションを学ぶ」というテーマで、二宮尊徳の教えを田村新吾氏は解説しています。

今日取り上げている「猫の極楽は鼠の地獄なのだ」では、田村氏は、相反するもの同士から創造が生まれる事例をあげています。「相反するものでも支え合っていると考えれば、発明、発見にもつながるし、世界平和にも生かせる」と、説いています。

2019年にビジネス・ラウンドテーブルの株主至上主義との決別が話題になり、本研究会でも、どうやったらオールステイクホルダーでイノベーションが創出できるかという議論がかなりありました。

二宮尊徳の「全楽」を再考することで、現代の解が出てくるように思います。

関連記事

  1. 私には特別の才能はない。ただ私は、情熱的に好奇心が旺盛なだけだ。

  2. 体験済みの未来なんか、ひとつもない。ダメかどうかは、やってみなきゃ分か…

  3. 創造的なアイディアは、遊び心を持った場所でもっともよく育つ。

  4. みんなちがって、みんないい。

  5. 創造的な大人とは、生き残った子どものことだ

  6. なんでオリジナルじゃないといけないんだい?他の人と同じでなんでいけない…

  7. 創造は人というメディアによって絶え間なく続く。

  8. わたしは、退屈なことが好きだ

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート