過去から学び、今日のために生き、明日に希望をもちなさい。大切なことは、疑問を持つことをやめないことだ。

あっという間に2月も終わりですね。

2月はアインシュタインの言葉をお伝えしています。最終週は、私がとても大切にしている「疑問を持ち続けること」に関する言葉です。

過去から学び、今日のために生き、
明日に希望をもちなさい。
大切なことは、疑問を持つことをやめないことだ。

アルベルト・アインシュタイン

先日、失敗との向き合い方について書きましたが、過去に起きたことは変えられない。でも、そこから学ぶことはできます。

そこからの学びと共に、未来を作っていくために、夢を描いて、今日やれることを精一杯やって生きる。

未来を作っていくには、疑問を持ち、どうやったら形にできるのかを考え続けることなんだと、私はこの言葉を捉えています。

なんでだろう? 
どうやるんだろう? 
どうやったらうまくいんだろう? 
違うものと組み合わせられない? 
いくらくらいかかるんだろう? 
誰と一緒にやるんだろう?  

自分が今抱えている案件(舞台でもビジネスでも子育てでも)を常に頭の端っこに置きながら、過去から学んだことを踏まえて、今日やれることをやりながら、その中で、ハッと気づく瞬間を待ちながら、あれこれ考え、手を動かしてみる。それが、創造につながっていくのだと思います。

関連記事

  1. 発明のためには、優れた想像力とがらくたの山が必要だ

  2. できると思えばできる、できないと思えばできない。

  3. 芸術家はたくさん仕事をするためには、時には描かずにいる必要がある

  4. 旅路に果てがあるのはいい。しかし結局、大切なのは、旅そのものなのだ。

  5. 最終的に私たちを救うのは、芸術家であり、蝕知者であり、思想家だ。

  6. あなたを創るのはあなただけ

  7. 私たちは過去を振り返ることによってではなく、未来に対する責任によって賢…

  8. 読者は、結局、あなたと一緒に世界を作っているのだ。

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート