過去から学び、今日のために生き、明日に希望をもちなさい。大切なことは、疑問を持つことをやめないことだ。

あっという間に2月も終わりですね。

2月はアインシュタインの言葉をお伝えしています。最終週は、私がとても大切にしている「疑問を持ち続けること」に関する言葉です。

過去から学び、今日のために生き、
明日に希望をもちなさい。
大切なことは、疑問を持つことをやめないことだ。

アルベルト・アインシュタイン

先日、失敗との向き合い方について書きましたが、過去に起きたことは変えられない。でも、そこから学ぶことはできます。

そこからの学びと共に、未来を作っていくために、夢を描いて、今日やれることを精一杯やって生きる。

未来を作っていくには、疑問を持ち、どうやったら形にできるのかを考え続けることなんだと、私はこの言葉を捉えています。

なんでだろう? 
どうやるんだろう? 
どうやったらうまくいんだろう? 
違うものと組み合わせられない? 
いくらくらいかかるんだろう? 
誰と一緒にやるんだろう?  

自分が今抱えている案件(舞台でもビジネスでも子育てでも)を常に頭の端っこに置きながら、過去から学んだことを踏まえて、今日やれることをやりながら、その中で、ハッと気づく瞬間を待ちながら、あれこれ考え、手を動かしてみる。それが、創造につながっていくのだと思います。

関連記事

  1. いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ

  2. 天才たちの表現形式は、彼らの魂と同じくらい様々である

  3. なんでオリジナルじゃないといけないんだい?他の人と同じでなんでいけない…

  4. 生活なしに芸術を知ろうと思う人は、……芸術まで譲って貰えると思う人だ

  5. 体験済みの未来なんか、ひとつもない。ダメかどうかは、やってみなきゃ分か…

  6. 可能領域を見極めるには、その境界を超えて不可能領域に踏み込んでいくしか…

  7. 最終的に私たちを救うのは、芸術家であり、蝕知者であり、思想家だ。

  8. 創造的な大人とは、生き残った子どものことだ

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート