ある決定的瞬間に集中できない奴はだめだ

スポーツ選手もアーティストも、ここぞという時に、集中し結果を出すことを求められます。
「本番力」と呼ばれるものですね。

斎藤先生が「ある決定的瞬間に集中できない奴はだめだ」とおっしゃっていたと、斎藤先生のお弟子さんだった私の先生はよく言っていました。

子どもの頃から「本番にピークを持っていくような生活とはどういうものなのか?」、「この演奏はうまくいくのになんでこの演奏はうまくいかないのか?」など、毎回、自分の演奏を振り返って練習を重ねていくうちに、本番に強いと言われるようになりました。

ターゲットの日・時間にあわせるだけでなく、「ここでホームランを打たなければならない」と数年に1回出会うような場において、集中力を発揮し、結果を出すことがコントロールできるようになってきています。


これは、練習である程度できるようになると思います。

緊張して声がかすれたら、体をぎゅっと硬直させ、ふっと力を抜くと緊張が解けるという物理的なテクニックから、自分の認知のゆがみに気づきそれを修正していくというやり方など、さまざまなやり方があります。

大切なのは、ここぞという時に集中して結果を出すために、日ごろから準備しているということではないかなと思います。

脳が最適に機能するのは集中と集中解除を交互に行なうときであり、そうすることで回復力が発達し、創造性は高まり、より優れた判断を下すこともできる

ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー「集中力をコントロールして、創造力を発揮する3つの方法

この記事にあるように、脳がどのように最適に機能するのかは科学的にもいろいろとわかってきていることですので、創造性を高めるために、日々どのように過ごしていくのか、考え、実行してみるのもいいですね。


関連記事

  1. あなたの中にあなたの知らない芸術家がいる

  2. 生活なしに芸術を知ろうと思う人は、……芸術まで譲って貰えると思う人だ

  3. 知識の極みのさきには、神秘の世界がある。

  4. 「恐れ」よりも「好奇心」を原動力とする。

  5. 素晴らしいことを成し遂げるには、計画と十分な時間がないといけない

  6. 私たちは過去を振り返ることによってではなく、未来に対する責任によって賢…

  7. 空想とは創造の始まりである。自分が望むものを空想し、次にそれを望み、そ…

  8. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート