未来は予測するものではなく、創造するものだ

新規事業を立ち上げる仕事を長くしていると、「どうやって未来を予測するのですか?」という質問に多く出会います。

確かにある程度の未来予測はするのですが、最終的には、自分たちが作ったものが未来になっていく。だから、未来予測はある程度までにして、どんな未来を自分たちが作りたいのか。そして、その未来に対して今自分たちはどんな事業を立ち上げるのか。そこにフォーカスし、手を動かして創り上げていくことの大切さを常にお話しています。

このアート思考研究会で定義しているアート思考のプロセスでも、未来を見ますが、未来を見て、そこへの距離を考えて、その間をどう埋めていくかということも検討しますが、最終的には、いろいろ考えて創り出しす。それに尽きます。それを1回だけでなく、何度も何度もやり続けること、これがアート思考なのです。

関連記事

  1. なぜ物事は起こるのか、そしてどのように起こるのか?… 物語…

  2. 旅路に果てがあるのはいい。しかし結局、大切なのは、旅そのものなのだ。

  3. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  4. 創造的な人間になりたいという欲求は、永遠に解明されない理由によって私の…

  5. 私は何も発明しない、再発見するだけだ

  6. すべての子どもは生まれながらにしてアーティストだ。問題は、大人になって…

  7. 飢饉の予兆は自然が教えてくれるのだ

  8. 私は、何ヶ月も何年も考え続ける。99回、その結論は正しくないが、100…

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート