未来は予測するものではなく、創造するものだ

新規事業を立ち上げる仕事を長くしていると、「どうやって未来を予測するのですか?」という質問に多く出会います。

確かにある程度の未来予測はするのですが、最終的には、自分たちが作ったものが未来になっていく。だから、未来予測はある程度までにして、どんな未来を自分たちが作りたいのか。そして、その未来に対して今自分たちはどんな事業を立ち上げるのか。そこにフォーカスし、手を動かして創り上げていくことの大切さを常にお話しています。

このアート思考研究会で定義しているアート思考のプロセスでも、未来を見ますが、未来を見て、そこへの距離を考えて、その間をどう埋めていくかということも検討しますが、最終的には、いろいろ考えて創り出しす。それに尽きます。それを1回だけでなく、何度も何度もやり続けること、これがアート思考なのです。

関連記事

  1. 良い広告というのは単に情報を広めるだけではない。それは願望と信念によっ…

  2. コピーする人は、協業しない

  3. この世にノートとおしゃべりするくらい楽しいことはありません

  4. インスピレーションを得たときは素晴らしいが、作家は残りの時間へのアプロ…

  5. 体験済みの未来なんか、ひとつもない。ダメかどうかは、やってみなきゃ分か…

  6. あなたは何かを見て”なぜそうなのか”というだろう
    しかし私は存在…

  7. 私は何も発明しない、再発見するだけだ

  8. 「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生…

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート