未来は予測するものではなく、創造するものだ

新規事業を立ち上げる仕事を長くしていると、「どうやって未来を予測するのですか?」という質問に多く出会います。

確かにある程度の未来予測はするのですが、最終的には、自分たちが作ったものが未来になっていく。だから、未来予測はある程度までにして、どんな未来を自分たちが作りたいのか。そして、その未来に対して今自分たちはどんな事業を立ち上げるのか。そこにフォーカスし、手を動かして創り上げていくことの大切さを常にお話しています。

このアート思考研究会で定義しているアート思考のプロセスでも、未来を見ますが、未来を見て、そこへの距離を考えて、その間をどう埋めていくかということも検討しますが、最終的には、いろいろ考えて創り出しす。それに尽きます。それを1回だけでなく、何度も何度もやり続けること、これがアート思考なのです。

関連記事

  1. 発明と発見の歴史から学んだことが一つあるとすれば、それは、長い目で見れ…

  2. 己の新しき作品のために、自然の法則に目を向けるものは、創造者と協業する…

  3. それでも、「インスピレーション」は、私の横に座って、努力してくれていま…

  4. 積小為大

  5. 未来に前例はない。迷ったら新しい道を選べ。

  6. イノベーションをより適切に管理することが、「コモディティ化による地獄」…

  7. かばんの中に何があるのかをお見せしましょう。

  8. 可能領域を見極めるには、その境界を超えて不可能領域に踏み込んでいくしか…

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート