素晴らしいことを成し遂げるには、計画と十分な時間がないといけない

事業開発コンサルタントとしても仕事をしているので、新規事業関連のご相談をよく受けます。

この事業を思いついたので、これから1年で100億円のビジネスを作らないといけない。

3年で1000億円を新規事業で超えるという計画を役員が株主総会で発表してしまったので、それを実現できるものを今から一緒に探してください。

などというご相談がよくきます。

確かに、会社員時代には、1年で1000億円になるようなビジネスを作ったこともありますが、それまでに何年にもわたる見えない投資があったからできただけであって、完全にゼロから1年で作るのは不可能に近いです。

新規事業の成功確率は、上場企業では5%程度と言われており、会社員時代には年間200本のプロジェクトを走らせながら、そこで成功する4-5本のプロジェクトから全体の売上高を作っていたので、「この1本を1年でなんとしても100億円に!」と言われても、「ほぼ不可能です。他のやり方も含めて検討しましょう」としか言いようがありません。

素晴らしいことを成し遂げるには、
計画と十分な時間がないといけない。

レナード・バーンスタイン

私が敬愛する作曲家、バーンスタインも十分な時間がないといけないということを言っています。

一見短い時間に見えるような場合でも、それ以前に、そのことについて考えている、調べている、フィージビリティスタディを非常に小さなエリアでやっている、似たような研究をしている、など、なんらかのアクションを長いことやっているケースが実に多いのです。

話は少し変わりますが、東京オリンピックのロードレースで、アマチュアのオーストリアの選手が金メダルを獲得したことが話題になっていました。

彼女は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校の数学の研究員でもあるそうです。

前職の同僚が彼女を知っていて、彼女が紹介されている記事を教えてくれたので読みました。

「タイム差のボードとか出ていたけど、全く信用していなかったの。私も若いころ選手として、あれをやった方がいい、これをやった方がいい、と言われてそれを鵜吞みにしてやってきたわ。でもね、30歳という年齢になり賢くなったのよ。”わかっている”という人間は実際には何もわかってないものなのよ。逆にわかっている人は”わからない”ときちんと言うものなのよ。そして近道なんてないのよ。そして奇跡もない、それが私が皆に言える教訓よ。決して人を信じるなということではなく、誰の言っていることが正しいかを見極める目を持つということなの。私の場合それが家族であり、親友だった。そして最後に信じるのは自分、だから私は栄養管理からトレーニング、戦略、機材管理まで全てを自分で行っているのね。私はただペダルを踏んでいるだけじゃないの。常に何ができるかという戦略を刻一刻と変化する時間の中で計算し続けているの。そしてそれが私の誇りよ。」

「東京五輪女子ロードレース:まさかの大金星!スタートから飛び出し逃げたアマチュアのアンナ・ケーゼンホファーがそのままゴールまで逃げ切り勝利!数学の博士号持つ才女がロード最強に!」CYCLINGTIME.COM

奇跡も近道もない。

これは新規事業開発にもいえることです。

自分たちの頭で考え、動き、そして、そこから学んだことを次に活かす。

それが、ブレークスルーを生み出し、「すごいもの」になっていくのだと私も思います。

関連記事

  1. ある決定的瞬間に集中できない奴はだめだ

  2. 創造的なアイディアは、遊び心を持った場所でもっともよく育つ。

  3. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  4. 私たちの最大の弱点は諦めることにある

  5. 摩擦により火花が散り、火花が創造的な大火を引き起こす

  6. 芸術はきれいにやるだけのものじゃない。何かを表現するんだ。

  7. 読者は、結局、あなたと一緒に世界を作っているのだ。

  8. もしあなたと私がアイデアを交換したら、持っているアイデアは2つずつにな…

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート