この世にノートとおしゃべりするくらい楽しいことはありません

田村セツコさんだけでなく、以前研究会にご登壇いただいた仰木日向さんなど、いろいろなアーティストの方がたに共通しているのが、メモ魔。

私もアーティストの端くれですが、かなりのメモ魔です。

私は田村セツコさんとはちょっと違って、何にでも書くというよりは、このノートにはこれを書く、このノートにはこれ、と書くものを分けています。でも、紙がないと困ることがあるので、ケータイに入れたり、いつも持っているバッグに超小型のメモ帳をいれてあり、そこに書いたものを毎日書くべきところに貼り付けたり書き直したりして分類しています。

ノートと向き合っていると、セツコさんではありませんが、「あぁ自分ってこんなことに悩んでいたんだなぁ」とか、「これとこれを結びつけるとすっごく面白い演奏会ができそう」とか、「こんなことを考えている人がいるんだ、面白い。いつか会いに行こう」とやりたいことがどんどん増えていって、とっても楽しいです。

原稿を書くときは、私は自分の経験から書籍や記事を書くこともあるので、昔の日記帳や手帳、ノートに戻って、その時のことを思い出しながら、先輩がいったことばやもらったアドバイスなどをまとめていくケースが多いです。『ミリオネーゼの仕事術[入門]』などの本は、ほとんど過去の日記からの抜粋で作りました。

真っ白のノートを自分がピンときた言葉やもので埋めていく。

それが私だけの1冊となり、私の創造力の源になっていると思います。

関連記事

  1. どんなに苦しいことがあっても、必ずベターな道がある。

  2. 最終的に私たちを救うのは、芸術家であり、蝕知者であり、思想家だ。

  3. 夢を叶えるコツは、狂ったように欲しがること

  4. 新しい芽を育てる。これが人間の一番美しいところ。

  5. 旅路に果てがあるのはいい。しかし結局、大切なのは、旅そのものなのだ。

  6. 素晴らしいことを成し遂げるには、計画と十分な時間がないといけない

  7. 「すばらしいアイデアを得たいのならたくさんのアイデアを出すことだ」

  8. 星を手に入れようと頑張っても、手に入れることはできないかもしれない。

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート