共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

5月は、『ジョイ・ラック・クラブ(Joy Luck Club)』などで知られるアメリカの作家、エイミー・タンさんの言葉を取り上げています。

TEDの『創造性はどこに隠れているのか?』というスピーチから、今回の言葉を紹介しています。

共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

エイミー・タン

エイミー・タンさんは、自身の経験から、人とは何か、生きるとは何かと、神の意思とは何なのか、などを考え、そこから、自分自身で物語を紡いでいきながら小説を書くスタイルをとっています。

深く深く考え、そこから新しく見つけた物語を作っていくことが、私自身が物語になるとおっしゃっているのかなぁと思いました。

自分の中に物語はある。

そう考えると、創造の源は自分自身にあり、それを紡いでいくための問いかけや揺さぶりをしていくだけなのかもしれませんね。

関連記事

  1. インスピレーションを得たときは素晴らしいが、作家は残りの時間へのアプロ…

  2. ひとりで散歩したり、ひとりでご飯を食べたり、ひとりでイラストを書いたり…

  3. ちゅうちゅうとなげき悲しむ声聴けば鼠の地獄猫の極楽

  4. 発明と発見の歴史から学んだことが一つあるとすれば、それは、長い目で見れ…

  5. 「すばらしいアイデアを得たいのならたくさんのアイデアを出すことだ」

  6. 過去から学び、今日のために生き、明日に希望をもちなさい。大切なことは、…

  7. 芸術家は火を起こす前に閃光を創り出さなくてはならない

  8. かばんの中に何があるのかをお見せしましょう。

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート