共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

5月は、『ジョイ・ラック・クラブ(Joy Luck Club)』などで知られるアメリカの作家、エイミー・タンさんの言葉を取り上げています。

TEDの『創造性はどこに隠れているのか?』というスピーチから、今回の言葉を紹介しています。

共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

エイミー・タン

エイミー・タンさんは、自身の経験から、人とは何か、生きるとは何かと、神の意思とは何なのか、などを考え、そこから、自分自身で物語を紡いでいきながら小説を書くスタイルをとっています。

深く深く考え、そこから新しく見つけた物語を作っていくことが、私自身が物語になるとおっしゃっているのかなぁと思いました。

自分の中に物語はある。

そう考えると、創造の源は自分自身にあり、それを紡いでいくための問いかけや揺さぶりをしていくだけなのかもしれませんね。

関連記事

  1. 創造的な大人とは、生き残った子どものことだ

  2. 私には特別の才能はない。ただ私は、情熱的に好奇心が旺盛なだけだ。

  3. 「すばらしいアイデアを得たいのならたくさんのアイデアを出すことだ」

  4. 私の仕事は、他人の言葉よりも自分の経験から引き出される。経験こそ立派な…

  5. 創造的なアイディアは、遊び心を持った場所でもっともよく育つ。

  6. 言葉はもう十分だ、行動しよう

  7. できると思えばできる、できないと思えばできない。

  8. 私たちの最大の弱点は諦めることにある

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート