共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

5月は、『ジョイ・ラック・クラブ(Joy Luck Club)』などで知られるアメリカの作家、エイミー・タンさんの言葉を取り上げています。

TEDの『創造性はどこに隠れているのか?』というスピーチから、今回の言葉を紹介しています。

共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

エイミー・タン

エイミー・タンさんは、自身の経験から、人とは何か、生きるとは何かと、神の意思とは何なのか、などを考え、そこから、自分自身で物語を紡いでいきながら小説を書くスタイルをとっています。

深く深く考え、そこから新しく見つけた物語を作っていくことが、私自身が物語になるとおっしゃっているのかなぁと思いました。

自分の中に物語はある。

そう考えると、創造の源は自分自身にあり、それを紡いでいくための問いかけや揺さぶりをしていくだけなのかもしれませんね。

関連記事

  1. あなたは、毎日着るものを選ぶようにあなたの思考も選択すべきです。

  2. もしあなたと私がアイデアを交換したら、持っているアイデアは2つずつにな…

  3. 作るのではなくて、生活から生む。というのが私の創作上の心情である。

  4. 私には特別の才能はない。ただ私は、情熱的に好奇心が旺盛なだけだ。

  5. いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ

  6. 芸術家は火を起こす前に閃光を創り出さなくてはならない

  7. 可能領域を見極めるには、その境界を超えて不可能領域に踏み込んでいくしか…

  8. 読者は、結局、あなたと一緒に世界を作っているのだ。

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート