増減は器傾く水と見よ。こちらに増せばあちらは減るなり

私は、声楽家の活動と共に、善き企業としての企業戦略やイノベーションの起こし方をテーマに研究、コンサルティング活動を行っています。ここ数年、クライアント先で、善き企業としてのイノベーションの起こし方を議論する際、たびたび二宮尊徳について話をしてきました。

「二宮尊徳って、あの学校によく飾ってある銅像の人でしょう?」と聞かれるのですが、銅像があったことは覚えていても、何をしていた人だか思い出せないという方もいるでしょう。

彼は江戸時代後期に「経世済民を目指して報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導した」(Wikipedia)人です。

彼の教えを現代に伝える本を書いているのが、5月のアート思考研究会の定例会にご登壇くださる田村新吾さんです。(研究会への参加申し込みはPeatixよりお願いいたします

https://artthinkingjapan9.peatix.com/ 

4月は、『二宮尊徳と創造経営』(田村新吾著、カナリアコミュニケーションズ)からのQuoteをご紹介します。

自然の美の中から、企業の再生と創造、永続の秘訣を教えてくれる本です。

この水から生き方を学ぶという章で、田村氏は「水は傾く方へ寄るものだ」という考え方の中で次の言葉を紹介しています。

「増減は器傾く水と見よ。こちらに増せばあちらは減るなり」(二宮尊徳)

『二宮尊徳と創造経営』(p.22)

「一心に勤労すれば所有欲は自ら押さえられ善果にむかう」(p.23)のです。

「満たされすぎは先が見えない」(p.24)ことも田村氏は指摘していますが、確かに、イノベーションの現場において、満たされていることは少なく、だからといって、投げ出すのではなく、一心にどうやって自分が作りたいものを作り出すかにフォーカスすることで、解が得られることも多いと私も思います。

私も数多くのイノベーションの現場に居合わせてきましたが、お金がない、人がいない、材料が足りない、など、田村氏が紹介しているソニーの事例のように、ないない尽くしのケースの方が多く、「何もかも潤沢にあります!」という状況は皆無でした。

不足感は創造を促すと言いますが、不足感だけでなく、「私はこれをどうしても作りたい」という強い思いと、その思いに忠実になって、工夫を重ね続けることが、イノベーションを生みだす上で何もより必要なことではないかと思います。

関連記事

  1. 過去から学び、今日のために生き、明日に希望をもちなさい。大切なことは、…

  2. 創造的な大人とは、生き残った子どものことだ

  3. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  4. どんなに苦しいことがあっても、必ずベターな道がある。

  5. 良い芸術家は真似をする。偉大な芸術家は盗む。

  6. 私は何も発明しない、再発見するだけだ

  7. 夢を叶えるコツは、狂ったように欲しがること

  8. 「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生…

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート