発明と発見の歴史から学んだことが一つあるとすれば、それは、長い目で見れば、そしてしばしば短い目で見れば、最も大胆な予言は、笑ってしまうほど保守的に見えるということだ

今から未来を見た時と、未来から過去である今を見た時に、見える姿は違うのは当たり前なのですが、未来になってみると、過去の未来に起きるであろうと言われていたことの多くが保守的に見えてしまうということをアーサー・C・クラークさんは言っています。

どれだけ突拍子もないことを思いつき、それが実現不可能だと思えても、未来に行ったら実はそんなことはないのです。

だから、ビジネス現場において、よくある「それってホントにできるの?」「突拍子もなさすぎない?」という心配はしなくていいので、どんどん大胆なことを考えてみてください。

関連記事

  1. なぜ物事は起こるのか、そしてどのように起こるのか?… 物語…

  2. 私はいつも自分のできないことをしている。そうすればそのやり方を学べるか…

  3. 増減は器傾く水と見よ。こちらに増せばあちらは減るなり

  4. 「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生…

  5. もしあなたと私がアイデアを交換したら、持っているアイデアは2つずつにな…

  6. 知識の極みのさきには、神秘の世界がある。

  7. 幸運、運命、偶然、事故、神の意思、神秘的な力ーこれが何かを考え、想像す…

  8. 最終的に私たちを救うのは、芸術家であり、蝕知者であり、思想家だ。

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート