読者は、結局、あなたと一緒に世界を作っているのだ。

今年もあと10日ほど。

2021年のふりかえりを幼稚園生の娘としました。

テーマを10個ほど用意しておき、同じ質問を娘と私の2人がそれぞれ答えて、2021年を振り返るというものです。

例えば、2021年を絵で表現するというテーマで次の5つの質問に対して、それぞれ絵を描いていきます。

  • 2021年で、私がもっともハッピーだった瞬間の顔
  • 2021年で、私が怒っていた時の顔
  • 2021年で、私が悲しかった時の顔
  • 2021年で、私がばかなことをした時の顔
  • 2021年で、私がスーパーヒーローになったときの顔

そして、絵を描き上げた後に、絵を見せ合って、その時の話をするのです。

娘は、ピクニックしながら、お茶を飲みながら、まったりするのが好きなので、今回の2021年のふりかえりも、部屋の中にレジャーシートをしいて、おうちピクニックをしながらやりました。

「2021年の私が、私を好きだと思うところ」というテーマのときに、娘がこんなことを言いだしたのです。

「本が好きでたくさん読んでいろんな世界を心の中に持っていること」

私も本が大好きで大量に読むからでしょうか。娘も絵本が大好きで、毎日数冊必ず読み聞かせをしてほしいと寝る前に持ってきますし、それ以外の時間でも、自分で絵本を読んだり眺めたりしています。今年は週2-3回の図書館通いもやり、司書さんおススメの本など、自分ではなかなか選ばない本もどんどん読んでいくようになりました。

娘がぼーっとしているように見える時は声をかけずにそっとしているのですが、心の中の彼女の世界に浸ってるんだなぁと、この発言から感じました。

また、ル=グウィンの次の言葉を思い出しました。

読者は、結局、あなたと一緒に世界を作っているのだ。

材料は与えても、その世界を自分の頭の中で作るのは読者なのだから。

アーシュラ・K・ル=グウィン

作家は、材料を与えてくれる。そして、読者は自分の頭の中でその世界を作っていく。

本というのは、作家とそして読者の創造性で成り立っているのだなぁと思いました。

自分の心の中にいろいろな世界を持っているって、素敵ですね。

関連記事

  1. 空想とは創造の始まりである。自分が望むものを空想し、次にそれを望み、そ…

  2. 幸運、運命、偶然、事故、神の意思、神秘的な力ーこれが何かを考え、想像す…

  3. 旅路に果てがあるのはいい。しかし結局、大切なのは、旅そのものなのだ。

  4. コピーする人は、協業しない

  5. 可能領域を見極めるには、その境界を超えて不可能領域に踏み込んでいくしか…

  6. 素晴らしいことを成し遂げるには、計画と十分な時間がないといけない

  7. ある決定的瞬間に集中できない奴はだめだ

  8. 私は、何ヶ月も何年も考え続ける。99回、その結論は正しくないが、100…

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート