天才たちの表現形式は、彼らの魂と同じくらい様々である

アートを生み出すプロセスも表現形式も、多種多様で、これ!というプロセスではなかなか表現できません。

研究の一環でアーティストの方のインタビューをしていると、「私はこういうやり方をしている」という言い方をする方がとても多いです。

ロダンも、「天才たちの表現形式は、彼らの魂と同じくらい様々である」と語っていますが、自分の中から湧き出てくるものを捉えるプロセスも、それを表現するプロセスも、実に様々で、アウトプット先には、絵画、彫刻、音楽、舞踊など実に様々ですし、新規事業などのビジネスも私はそこに含まれると思っています。

だから、アート思考がデザイン思考のようなはっきりとしたプロセス化にならないのかもしれませんね。

関連記事

  1. 未完を楽しむ

  2. 新しい芽を育てる。これが人間の一番美しいところ。

  3. 私は何も発明しない、再発見するだけだ

  4. できると思えばできる、できないと思えばできない。

  5. 発明と発見の歴史から学んだことが一つあるとすれば、それは、長い目で見れ…

  6. 可能領域を見極めるには、その境界を超えて不可能領域に踏み込んでいくしか…

  7. 飢饉の予兆は自然が教えてくれるのだ

  8. しかし、世界に新しい創造などない。あるのはただ発見である。

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート