みんなちがって、みんないい。

今月は、詩人 金子みすゞさんの詩をテーマにしています。

前回も紹介した中田喜直先生作曲による「ほしとたんぽぽ」に、今回紹介する「わたしとことりとすずと」という金子みすゞさんの詩が出てきます。

「お空は飛べない」「地面は走れない」「きれいな音は出ない」「たくさんな唄は知らない」と、わたしができないこと、知らないことをたくさん挙げています。

この曲をはじめて演奏した時に、先生から、「人は、生まれたときは何もできず、何もしらない。でも、成長の中で、いろんなことを身につけていく。そして、いつの間にか、できない人、知らない人を差別してしまいがちになるけれど、もともと私もできなかった、しらなかった。できる喜び、知る喜びを歌える人になってほしいな」ということを言われて、私の楽譜にはそのときの先生の言葉のメモが残っています。

たまにこの曲を口ずさみ、「できるようになる喜び、知る喜び」が伝わる演奏だけでなく、そういう場を作りたいなぁと思って、この研究会を運営しています。

ところで、この曲を思い出したのは、今年の夏休みに小学生の娘が、読書感想文を書いていた時に、「みんなちがって、みんないい」と書いていたからです。

彼女が読書感想文を書いたのは、ミゲル・ダンコ著『すうがくでせかいを見るの』でした。

関連記事

  1. あなたの中にあなたの知らない芸術家がいる

  2. 共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

  3. 美しいといえない人になんて 今まで会ったことないよ。

  4. いいリーダーは非常に好奇心が強く、物事を学ぶために多くの時間を費やして…

  5. 私は何も発明しない、再発見するだけだ

  6. なんでオリジナルじゃないといけないんだい?他の人と同じでなんでいけない…

  7. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  8. 未来に前例はない。迷ったら新しい道を選べ。

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート