「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生を指しているわけではありません。

明治大学のサービス創新研究所で、アート思考の研究をはじめて、7年近くになります。

研究会を主催するようになって、5年ほど。その間、何度も聞かれた質問の1つに、「アートをやっていないのですが、アート思考研究会に参加してもいいですか?」があります。

私は、創造的な活動は、アーティストに限らず、すべての人が行っているものだと思います。

そして、創造的でありつづける方法を提示するために、アート思考の研究をしています。

だから、エリザベス・ギルバートさんの次の言葉を本で読んだ時に、とってもしっくりきました。

「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生を指しているわけではありません。

エリザベス・ギルバート著『BIG MAGIC「夢中になる」ことからはじめよう』p.20

誰にでも創造性はあるのです。

そして、創造的な生き方もできるのです。

研究会では、幹事が創造的だと思っている人をお招きして、お話を聞いてますので、ご興味のある方は、ぜひどなたでもご参加ください!

関連記事

  1. 共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

  2. 創造的なアイディアは、遊び心を持った場所でもっともよく育つ。

  3. 新しいアイディアには、次の3つの時期がある

  4. 本当に何かを成し遂げるためには一生懸命働かないといけない。

  5. ある決定的瞬間に集中できない奴はだめだ

  6. 私はいつも自分のできないことをしている。そうすればそのやり方を学べるか…

  7. この世にノートとおしゃべりするくらい楽しいことはありません

  8. 良い芸術家は真似をする。偉大な芸術家は盗む。

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート