自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

今月は、物理出身者がなぜか多いアート思考研究会で、よく話題となるアインシュタインからの学びです。代表幹事4人のうちの2人は物理出身。阪井先生は理論物理の領域で博士号を取得され、私も実は大学3年生までは、物理学部に在籍していました。

アインシュタインは、1921年に、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって、ノーベル物理学賞を受賞した人で、科学の領域で、彼の功績は際立っています。また、優れたバイオリニストでもありました。

そんなアインシュタインの言葉で、私が事業開発をする中で大切にしているのは、この名言です。

自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

アルベルト・アインシュタイン

自分の目できちんと見ること。そして、自分の心で感じること。

この2つを押さえないと、いいモノを作りだすことはできないです。

新規事業の現場で、机上だけで議論していても何も作り出すことはできないので、いつもフィールドへ出ていくようにしています。自分の目でみて、「おぉぉぉぉ、これは!?」と感じるもの。そこから、創造性が芽吹いていくのだと思います。

コロナ禍において、出かけていってきちんと見るということは難しくなっていますが、日常の生活シーンの中から似ている部分はないか、それを自分で見つけて、体験して、感じたことをストックしていくと、芽吹く瞬間というのに出会えると思います。

関連記事

  1. 飢饉の予兆は自然が教えてくれるのだ

  2. 素晴らしいことを成し遂げるには、計画と十分な時間がないといけない

  3. 良い芸術家は真似をする。偉大な芸術家は盗む。

  4. 私たちの最大の弱点は諦めることにある

  5. 良い広告というのは単に情報を広めるだけではない。それは願望と信念によっ…

  6. 失敗を乗り切ることがもっとも自信を与える。失敗は優れた学習ツールだが、…

  7. 積小為大

  8. 発明のためには、優れた想像力とがらくたの山が必要だ

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート