こだまでしょうか、いいえ、誰でも

3.11の後、ACの広告で流れていたことで、広く一般に知られることになった金子みすゞさんの「こだまでしょうか」。

中田喜直先生の曲でこの歌を歌う時は、いつも2人の人を頭の中でイメージしながら歌っています。最初は、本当のこだまのように歌うことを考えて練習していたのですが、「もう遊ばないって言うと遊ばないって言う」の1行があり、完全にこだまになっていないことの意味を考えたとき、そして、最後の「いいえ 誰でも」のところから、2人の人をイメージするようになりました。そして、どんな2人組だろうと想像しながら、歌い分けてみては、しっくりくるものを探します。ここ最近は、小学校1-2年生のお姉ちゃんと、4歳くらいの妹をイメージしながら歌うことが多いです。

詩の世界を表現するとき、作者に直接問えるのであれば、問うのですが、そうでない時は、どんな気持ちで書いたのだろう、この言葉はなぜこの言葉になったんだろう、など、いろいろと考えながら、想像しながら解釈しています。

関連記事

  1. 生活なしに芸術を知ろうと思う人は、……芸術まで譲って貰えると思う人だ

  2. 可能領域を見極めるには、その境界を超えて不可能領域に踏み込んでいくしか…

  3. あなたを創るのはあなただけ

  4. 飢饉の予兆は自然が教えてくれるのだ

  5. インスピレーションを得たときは素晴らしいが、作家は残りの時間へのアプロ…

  6. 己の新しき作品のために、自然の法則に目を向けるものは、創造者と協業する…

  7. 体験済みの未来なんか、ひとつもない。ダメかどうかは、やってみなきゃ分か…

  8. なぜ物事は起こるのか、そしてどのように起こるのか?… 物語…

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート