今もなお、最も勇気のいる行動とは、自分の頭で考え続けること。そしてそれを声に出すこと。

自分の頭で考えろ

20代の頃に転職したボストンコンサルティンググループでは、毎日のように言われました。

考え続けるってすごく体力を使うことなのだと知ったのは、そのころでした。

そして、考え続けられるようにするために、一生懸命に体作りに励みました。

考えられるようにするために、体力を養い、きちんと寝て、頭をすっきりさせる。そして、脳にきちんと栄養が行くように、糖分を適度にとる(間違っても、ロカボダイエットはやりません!)。

実は、考え続けられるようにするためには、そういう基本的なことが大事だったと痛感したのは、リーマンショックの時でした。ともすると、ぴーっという音とともに思考停止に陥りそうになる中、必死で考えて、考えて、考え続けて、当時自分たちが考えられる一番いい答えを導き出したと思っています。

また、ココ・シャネルがいうように、声に出すことも大事。

声を出して初めて物事が動き始めるのだから、出さないと何も始まらない。けれども、出して叩かれる可能性もあるわけ。それでもそこを乗り越えていかないと、何も生み出せない。そんなことを教えてくれる言葉です。

関連記事

  1. いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ

  2. 過去から学び、今日のために生き、明日に希望をもちなさい。大切なことは、…

  3. もしあなたと私がアイデアを交換したら、持っているアイデアは2つずつにな…

  4. 良い広告というのは単に情報を広めるだけではない。それは願望と信念によっ…

  5. 新しい芽を育てる。これが人間の一番美しいところ。

  6. 言葉はもう十分だ、行動しよう

  7. ひとりで散歩したり、ひとりでご飯を食べたり、ひとりでイラストを書いたり…

  8. 芸術家は火を起こす前に閃光を創り出さなくてはならない

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート