創造的なアイディアは、遊び心を持った場所でもっともよく育つ。

GE時代、事業開発部のメンバーは本当に楽しんで仕事をしている人が多かったです。

かなり厳しい状況でも、楽しめるというのは一種の才能だと思ったことがあるのですが、超赤字企業を買収し、リストラをしながら、新規事業を立ち上げるというプロジェクト最中でもめちゃくちゃ楽しんでいるYさんに、「小さいころからなんでも楽しめるタイプだったの?」と聞いてみたところ、「この仕事をやるようになってから身につけたかなぁ。楽しめるポイントを探して、そこを突き詰める感じ?」という回答がありました。

その晩、夜中まで仕事をしていた私のところに、Yさんがグリコのポッキーを持ってきてくれて、こういいました。

「私ね、辛い時に、ポッキーを必ず食べるようにしているんだよ~。グリコ・スピリットってね、「創る・楽しむ・わくわくさせる」なんだよ。創ることを精一杯楽しみ、創意に満ちたチャレンジを続ける人が、ポッキーを作ってるんだよ。これ食べると、よしっ、この状況でもわくわく楽しめることってなんかないかな??ってゲームをしている気持ちになれるんだよ」

確かに、自分の今までやってきたいい仕事、創造的だった仕事のことを思い返すと、どれも創ることを楽しみわくわくしていたことばかり。面白がって仕事をしたときほど、ものすごく創造的なアイディアが降ってきていました。

Yさんからこの話をしてから、少し後に一緒にプロジェクトをした方が、レオ・バーネット社と一緒にプロジェクトをしていて、レオ・バーネットのこの言葉を教えてくれました。

創造的なアイディアは、遊び心を持った場所でもっともよく育つ。
誰も楽しみのためにビジネスをしているわけではないが、ビジネスに楽しみがないわけではない。

レオ・バーネット

どんな状況でもわくわく楽しめる「かけら」は落ちていないか。

それを探しています。

面白がる、興味をもつ、違う切り口で考えてみる。

これをする上でとても大切なのが、「余裕を持つこと」です。

時間に追われていても、必ず1日10分の瞑想の時間をとって、自分の中に余裕の空間を作りだすことも心がけています。

関連記事

  1. 最終的に私たちを救うのは、芸術家であり、蝕知者であり、思想家だ。

  2. 作るのではなくて、生活から生む。というのが私の創作上の心情である。

  3. 言葉はもう十分だ、行動しよう

  4. まず型に入れ そして型から出よ

  5. いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ

  6. 摩擦により火花が散り、火花が創造的な大火を引き起こす

  7. もしあなたと私がアイデアを交換したら、持っているアイデアは2つずつにな…

  8. 増減は器傾く水と見よ。こちらに増せばあちらは減るなり

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート