しかし、世界に新しい創造などない。あるのはただ発見である。

3月は、ガウディの言葉を紹介しています。彼のいったことばを5週にわけています。

シューペンターが『経済発展の理論(Theorie der Wirtschaftlichen Entwicklung)』の中で、イノベーションを「新結合」として紹介していますが、ガウディも似たようなことを言っています。

しかし、世界に新しい創造などない。
あるのはただ発見である。

ガウディ

ガウディは自然の観察を丁寧にしていた人で、自然の観察の中から多くのものを見出していました。

なにか新しいものを創り出そうとゼロから考えるのではなく、「新結合」させてみる。そこから生まれてくることの方がほとんどなのです。

孫正義さんは、学生時代に毎日無理やり新結合を考えるということをしていたようです。

私も、新規事業開発のネタだしのときには、社内でやっているR&Dのネタを付箋に書き出し、それを今の社会の課題や流行のものと掛け合わせて新しいものができないか、考え付いたもののすべてにビジネスモデルを書いてみるというのを四半期に1度やっています。

頭の訓練である程度思いつくようになるなぁと長年やっていると思います。それらがすべて事業になるわけではないのですが、新しいものを創り出すには既存のものの掛け合わせから作るというのを習慣化すると、いろいろと出てくるようになるのです。

関連記事

  1. この世にノートとおしゃべりするくらい楽しいことはありません

  2. 芸術家はたくさん仕事をするためには、時には描かずにいる必要がある

  3. 空想とは創造の始まりである。自分が望むものを空想し、次にそれを望み、そ…

  4. 緻密すぎるほど緻密に作って初めて『表現』までいくことができる

  5. 「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生…

  6. 美しいといえない人になんて 今まで会ったことないよ。

  7. 芸術家は火を起こす前に閃光を創り出さなくてはならない

  8. どんなに苦しいことがあっても、必ずベターな道がある。

2023年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート