だから、オリジナリティーには起源に戻るという意味がある

5週にわたってガウディの一連の言葉をご紹介しました。今日は最後の一文です。

ガウディは、幼いころ、体があまり丈夫ではなく、リュウマチにも苦しめられていたそうです。病弱だったため、同じ年代の子どもたちと遊ぶことは難しく、一人静かに紙細工を作ったり、日々の生活や周りの自然など、いろいろなものを観察していたといわれています。

その後、建築家になるために専門学校に行っているときは、設計図に周囲の人物や場面などが描かれていて、設計図としての評価はよくなかったけれども、そこに描かれているものの表現力は評価されていたようです。

自然法則を利用した建築物を作ったガウディの独創性(オリジナリティー)の起源(オリジン)は幼少時代にあったようです。

だから、オリジナリティーには、起源に戻るという意味がある

ガウディ

この最後の一文にたどり着くわけですね。

独創性を探すときには、自分の”オリジン”を探ってみると、そこに解がありそうです。

関連記事

  1. 見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ

  2. 創造的な大人とは、生き残った子どものことだ

  3. いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ

  4. 共感を深く理解するために、私自身が物語にならなければいけないのです

  5. 未完を楽しむ

  6. 良い芸術家は真似をする。偉大な芸術家は盗む。

  7. 発明と発見の歴史から学んだことが一つあるとすれば、それは、長い目で見れ…

  8. 旅路に果てがあるのはいい。しかし結局、大切なのは、旅そのものなのだ。

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート