ありとあらゆる人生への好奇心が、偉大な創造者たちの秘密だと思う

今月は、1935年にアメリカのシカゴでレオ・バーネットという広告会社を創業したレオ・バーネットの言葉をシェアします。

レオ・バーネットは、1999年にはTIMEの20世紀のもっとも影響力のある100人に選ばれ、米国ではとても有名な人でした。

レオ・バーネットは、良い広告を作ることへの強いこだわりを持っていて、彼の会社はそれを実践してきました。

レオ・バーネット社が手掛けた広告で話題となった次のようなものがあります。

Unitedの「Fly the Friendly Skies」やイギリスのマクドナルドの”If you’re awake, we’re awake”キャンペーンなどです。

最近、アート思考とデザイン思考がよく対比され、その中で、アートとデザイン・広告もよく対比されていると感じており、違和感を持っています。

広告だからダメ、デザインだからダメ、アートでなければいけない。

というわけではなく、アウトプットの形を問わず、創造性について学ぶ点は創造的なものであれば、どこにでもあると私は思っています。

そこで、今回は、広告業界の巨匠、レオ・バーネットを取り上げることにしました。

冒頭のレオ・バーネットの言葉、「ありとあらゆる人生への好奇心が、偉大な創造者たちの秘密だと思う」は、多くの創造的な人に共通することを語っていると思います。

好奇心

これがキーワードですね!

関連記事

  1. 私はいつも自分のできないことをしている。そうすればそのやり方を学べるか…

  2. 良い広告というのは単に情報を広めるだけではない。それは願望と信念によっ…

  3. ひとりで散歩したり、ひとりでご飯を食べたり、ひとりでイラストを書いたり…

  4. 新しいアイディアには、次の3つの時期がある

  5. 飢饉の予兆は自然が教えてくれるのだ

  6. 人生とは自分を見つけることではない。 人生とは自分を創ることである。

  7. いいリーダーは非常に好奇心が強く、物事を学ぶために多くの時間を費やして…

  8. 摩擦により火花が散り、火花が創造的な大火を引き起こす

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート