芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ。

この言葉に異議を唱えるアーティストはあまりいないのではないかと思います。

私は音楽の方ですが、完成と言える演奏など今までに一つとしてなく、テレビで流れた曲も、コンサートで演奏したものを録音して販売したCDも、どれも「作品」にはなってはいるのですが、完成したとは思えません。

CDをリリースした直後に、先生にあそこがイヤだ、ここがイヤだ、という話をしていたら、「そういう気持ちがなくなったときに、アーティストとして終わりが来るから、そのイヤだって気持ちをばねにして練習しつづけてね」と言われたことがありました。

画家の幼馴染と話をしても、同じようなことを言っているので、アーティストは皆、同じような思いを抱えながら生きているのでしょう。

関連記事

  1. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  2. 「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生…

  3. 摩擦により火花が散り、火花が創造的な大火を引き起こす

  4. 芸術家は火を起こす前に閃光を創り出さなくてはならない

  5. 芸術家はたくさん仕事をするためには、時には描かずにいる必要がある

  6. 過去から学び、今日のために生き、明日に希望をもちなさい。大切なことは、…

  7. 天才たちの表現形式は、彼らの魂と同じくらい様々である

  8. 発明と発見の歴史から学んだことが一つあるとすれば、それは、長い目で見れ…

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート