芸術はきれいにやるだけのものじゃない。何かを表現するんだ。

人から評価されたいと、自分の中からの表現ではなく、人から評価される尺度に自分をあわせようとしているときほど、無意識に、きれいにきれいに自分の作品(演奏家なら曲を、画家なら絵画など)を作りこんでいます。

私は、コンクールでとにかく評価されたくて、(人が聞いたときに)キレイに曲を演奏しようと練習をがんばっていた時に、先生からバシッとこの斎藤秀雄先生のお言葉を言われました。

「コンクールで勝つことは、音楽家としてのキャリアで大事なことかもしれないけれど、通過点ですよ。昔斎藤先生が「芸術はきれいにやるだけのものじゃない。何かを表現するんだ。」っておっしゃってましたよ。あなたの今の演奏はどうですか?何かを表現できていますか?」

がーんとバッドで頭を殴られたような気分でした。

コンクールでは勝ちたい。でも、なにかを表現して勝たねば、しょせん通過点のコンクール、この先キャリアが作れなくなる。

そう思って、有り金はたいて、学校さぼって、電車に乗って、海へ行き、ひたすら自分が何を表現したいのか、考えながら、海に向かって歌い続けました。

コンクールの結果は、奨励賞。でも、講評に、「舞台が見えてくる演奏でした。あなたの表現力を大事にしてください」とあり、「先生に気づかされてよかった」と心から思ったのでした。

さて、ビジネスでも同じことが言えます。

役員会を通すために、キレイにポンチ絵を描いても、机上の空論。

魂をこめなければ、ビジネスとしてはローンチしていきません。

自分は何を表現したいのか? 

突き詰めて考えていかないと、絵に描いた餅で終わってしまいます。

芸術もビジネスも、アウトプットのやり方が違うだけで、同じだなぁと、社会人になってから思いました。

関連記事

  1. 「すばらしいアイデアを得たいのならたくさんのアイデアを出すことだ」

  2. 私たちは過去を振り返ることによってではなく、未来に対する責任によって賢…

  3. 積小為大

  4. まず型に入れ そして型から出よ

  5. イノベーションをより適切に管理することが、「コモディティ化による地獄」…

  6. 発明のためには、優れた想像力とがらくたの山が必要だ

  7. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  8. 最終的に私たちを救うのは、芸術家であり、蝕知者であり、思想家だ。

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート