【アート思考とメタバース】

50年周期で経済発展する(コンドラチェフ周期)と言われていますが、次は発展じゃなくて移転して再起動するんじゃないかと思います。

移転とはどういうことかというと、、

火星に移転→イーロン・マスク

メタバースに移転→ザッカーバーグ

新しい社会構築、フォロンティアを求めて地球と物理社会からの逸脱が起きてる。
SFじゃない?って思っている人は気が付いていないだけかもしれません。

常時接続が当たり前になっている現代では多くの若者はすでに実社会よりオンラインで生活しています。

オンライン戦闘ゲーム「荒野行動」は1日1回やってますが、いつも知ってる人がいます。実社会の行きつけのバーみたいなもので、そこで出会ってコミュニケーションするのが当たり前で、そこでは戦闘とインセンティブが目的ですがメタバース空間では実社会とは違うコミュニケーションと人間関係が構築されていきます。それこそ戦友から人間関係が生まれます。仮想空間で出会って恋が芽生えることも当たり前にあります。

なぜ今アートが重要か?というと、NFT投機で盛り上がっていることは本質から逸脱していくので別として、創造性の重要度が増しているということが言えます。

テクノロジーが生み出したSNSやメタバースといったプラットフォームが極めて人の心に作用するツールになってきました。現実的でわかりやすい例はTwitterの投稿で自殺するひとがいることです。これはテクノロジーで共有化された文字の暴力なわけです。見ず知らずの人がTwitterというプラットフォームで人の心を壊すこともできる。これは表層的なものだけど、人間の社会自体がミラーワールドつまり、現実社会の分身のようなってくることでもっと深層的な部分にテクノロジーが侵食してきます。だからこそ人の心の領域が重要になります。仮想社会では自分の家も友達も経済すら自分の創造力で生み出すことができます。

全ての人が社会を思う様に作ることができる。そこに人の心、良い意味での「自分軸」がなければオンラインに生み出される社会も現実社会の様に腐ったエゴの世界になる。そうならないために人間性とテクノロジーがどのようにつきあていくか、倫理観や道徳感と言ったものがこれから創造される仮想社会にどのように反映されるかがとても重要な局面になってきたと言えます。

アートは人が表現を始めた時から人の内面を映す鏡のような物でした。

だからこそアート=創造性をもっとたかめて本質を語る必要があると思います。

関連記事

  1. 【縄文式アート思考】

  2. 【「コンヴィヴァリティのための道具」(イヴァン・イリイチ著)】

  3. 【アート思考をふりかえる】

  4. 【傭兵:組織に帰属しないという選択】

  5. 第22回 これからのデザインとデザイン経営

  6. 第9回 アートとデザインについて、どう人に伝えようか

  7. 形にして、人前に出し、反応を見る

  8. 第4回:コツを押さえた伝え方で上手に伝えよう

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート