「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生を指しているわけではありません。

明治大学のサービス創新研究所で、アート思考の研究をはじめて、7年近くになります。

研究会を主催するようになって、5年ほど。その間、何度も聞かれた質問の1つに、「アートをやっていないのですが、アート思考研究会に参加してもいいですか?」があります。

私は、創造的な活動は、アーティストに限らず、すべての人が行っているものだと思います。

そして、創造的でありつづける方法を提示するために、アート思考の研究をしています。

だから、エリザベス・ギルバートさんの次の言葉を本で読んだ時に、とってもしっくりきました。

「創造的な生き方」とは、かならずしもプロのアーティストや芸術一筋の人生を指しているわけではありません。

エリザベス・ギルバート著『BIG MAGIC「夢中になる」ことからはじめよう』p.20

誰にでも創造性はあるのです。

そして、創造的な生き方もできるのです。

研究会では、幹事が創造的だと思っている人をお招きして、お話を聞いてますので、ご興味のある方は、ぜひどなたでもご参加ください!

関連記事

  1. 緻密すぎるほど緻密に作って初めて『表現』までいくことができる

  2. 失敗を乗り切ることがもっとも自信を与える。失敗は優れた学習ツールだが、…

  3. ありとあらゆる人生への好奇心が、偉大な創造者たちの秘密だと思う

  4. 積小為大

  5. 創造的な人間になりたいという欲求は、永遠に解明されない理由によって私の…

  6. 自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。

  7. 発明のためには、優れた想像力とがらくたの山が必要だ

  8. 私はいつも自分のできないことをしている。そうすればそのやり方を学べるか…

2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

入会案内

ご入会手続きはこちらから

献本について

献本をご希望の方はこちらへ

Archive

アート思考関連記事のツイート